紛争解決

Posted 8月 1st, 2014 by 川崎純情小町

パレスチナ人は国境封鎖と分離壁によって経済的・物質的に生活が立ち行かないほどに追い詰められているため、
そういったイスラエルの

『経済封鎖・物資制限・居住地の囲い込み』に対する恨みつらみがパレスチナ紛争を継続させる遠因になっている。 パレスチナ紛争解決のためには、武力で優位に立つイスラエル政府がまず武器を置いて(パレスチナ人を殺さないと宣言・実行して)、浮気調査 佐賀『パレスチナの 一般市民に対する物資・経済の支援策』を打ち出し、パレスチナ人自身に『武装闘争を主張して和平・援助をぶち壊そうとする勢力』を締め出すような機運を生 じさせることが鍵になる。
だが、イスラエルにもパレスチナにも『戦争や武装闘争(敵の制圧路線)によって自己の存在意義・正統性の維持』を図る勢力と外国も関係するマッチ ポンプ(相互的挑発)があるため、どちらかが完全に停戦条約を守り、相手と協調していく姿勢を見せることは難しいし、そういった指導者は『民族・宗教の裏 切り者』のように扱われて常に暗殺の危険に晒される恐れがある。

Comments are closed.