スペ イン風邪のような

Posted 8月 3rd, 2014 by 川崎純情小町

自然な出生率の男女比は、105:100と言われてお り、戦乱や災害や伝染病がなければ、この比率は古今東西ほとんど変わらないそうで、

太平洋戦争以降、戦争もなければ、国土全てが被災する災害もなく、スペ イン風邪のようなパンデミックも無かった日本としては、男子の実数の方が多くなければおかしい。
実数で女子が増えてしまうのには明確な理由がある。不倫調査 千葉儒教国である中国や韓国は、現代においても明白に男子偏重なので、跡継ぎにならない女子は不要とされるケースがかなりある。
一人っ子政策がある中国だと、農村では現代でも間引きが実行されることがある。都市部ではさすがに間引きするわけには行かないが、日本との間を行き来している在日さんにとっては、実質上の間引きがある。
それは本国で跡継ぎに出来ない女子は日本に捨ててしまうこと。捨てると言っても道端に捨てるわけではない。世継ぎの男子を産んだら正妻として迎えるが、女子しか産めなかった場合は、結婚せず(または離縁)、生まれた子は非嫡出子になる。

Comments are closed.