いつの時代の話

Posted 8月 4th, 2014 by 川崎純情小町

アメリカに個別の発電が多いのは、電力販売自由化したら、
バカみたいに売電業者が増えて、

電気を安売りする事業者を求めてしょっちゅう乗り換えするので電 力インフラが不安定になり、それ故に先進国にあるまじき大停電などが起こってしまったので、各企業が自衛のために自前の発電施設も持つようになったからで す。
これも、いつの時代の話ですか、という感じですが、日本で自家発電するのは、その方が安いからです。
我が家も、近所の自動車工場でも不倫調査 富山ホテルでもマンションでも動機は同じです。
>土地に余裕があり、日照量が多い砂漠もあって、風力や太陽光を使いやすく、かつ化石燃料も日本よりずっと安く入手できるアメリカだからこその選択肢です。
アメリカは、日本での状況を考慮した上で、小規模分散型の電力供給システムが最も安いと結論づけました。
>まったく条件が異なるアメリカを引き合いに出すのは無茶過ぎです。
昨年、スウェーデンのエネルギー庁前長官と話しましたが、彼は「日本ほど自然エネルギーに適した国はない」と言っていました。それは自然エネルギー資源に加えて技術もあるからです。

Comments are closed.