学問的と言う限りは

Posted 8月 7th, 2014 by 川崎純情小町

日本軍が引き上げる時にいたるところで処分してきた膨大な文書が何だったのか、 今だに未整理のままで政府が保持しているという文書類も含めて。

やるなら、徹底して、学問的にやったら良いのだ。
べつに慰安婦らに限った事じゃない。当時の日本という体制のなかで、物資、人員、資金などがどのように回っていたのか、などなど。より厳密にやれば、そっちのほうがすごい検証になるかもしれない。
さらに学問的と言う限りは、完全に第三者の立場から検証を始めないと、意味がない。 朝日新聞は、大新聞の名前にかけて、そういう検証が出来るだろうか。
それとも、適当にお茶を濁すだけか。。。 注視したい。 一方で、世界は、特に国連などは、保守派の言う様なところを見ていない。 反対にこのイメージは、保守系マスコミなどが作り上げたステレオタイプでもあるだろう。 トラックに載せられて連れてこられた女性達が居たかどうか、など。

Comments are closed.