野次馬根性

Posted 8月 7th, 2014 by 川崎純情小町

それから20数年後、つまり今から3~4年前、趣味で韓国の鉄道乗りまくりに行った際、栄州で一泊したとき、 「鉄道庁の建物、当時のまま残ってるかなあ・・・?」と懐かしくなって、

見に行ってみました。
そしたら・・・ 鉄道庁の建物は当時のまま・・・
まあそんなことはどうでも良いのですが・・・ 鉄道庁の前の、水も抜かずにドサドサ土をぶち込んで整地した土地には・・・何軒かの民家が建ってました。 おいおい!wwww まあ、韓国の土木・建築技術、こんなものなのかも・・・www
外から見て、一見もっともらしく見えればそれでオッケー、ということなんでしょうね。私、個人的に「すげぇな!(驚愕)」と思ったのは・・・東日本大震災で、千葉県の確か浦安(だったと思うけど、もう記憶が曖昧)の、海岸に近い昔の埋め立て地が液状化でエライことになってると聞き、野次馬根性で見に行きました。そしたら、道路はボコボコで車はまともに走れん状態なのに・・・

Comments are closed.