過ぎたるは及ばざるが如し!

Posted 9月 9th, 2014 by 川崎純情小町

タバコは元々、医療品としての効能から南米大陸からヨーロッパに伝わったもので決して全てのがんの元ではないと言うこと。らしいです。

くどいが、だからシエルは再びタバコを吸い続けます。と言うのではない。
実際、喘息や肺気腫の予兆や診断を受けた方は間違いなく止めた方が良いと書いてある。

中々、ユニークで愉快な本だった!
ヤッパリ、シエルの場合は断煙した方が良いようだと改めてキャッシングスマホ実感。
過ぎたるは及ばざるが如し!
ホント、この世に存在する食品や嗜好品、過剰摂取は全て毒と成り得ます。
やたら何々は駄目だ!何々は良いを連呼する人ほど本当は注意すべきでしょうね。
シエルさんの日記、拡散しようかなー_(^^;)ゞ

まぁ、私は煙草にしても飲酒にしても、百害あって一利なしとは全く思っていません。
そりゃー肺系統の疾患があれば、怖がりな私の性格なら迷うこと無く喫煙するでしょう。
煙草も飲酒も、私に取っては百害あっても百益ありますから・・・_(^^;)ゞ
勿論、病を患ってからは、過ぎたるは及ばざるが如しが固い信念です!

Comments are closed.