イギリス

Posted 9月 13th, 2014 by 川崎純情小町

未来のためにもわが国内で営業中の金融機関は、国内だけではなくグローバルな市場や取引にかかる金融規制等の強化も見据えながら、これまで以上の財務体質の強化、そして合併・統合等を含む組織再編成などまでも活発な取り組みが行われています。

きちんと知っておきたい用語。ロイズについて。イギリスのロンドンの規模・歴史ともに世界的な保険市場なのである。イギリス議会による制定法に基づき法人であるとされた、ブローカーそしてそのシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合を指す場合もある。

よく引き合いに出される「銀行の経営というものはその銀行に信頼があって発展する、もしくは融資する価値があるとは言えないと審判されて繁栄できなくなるかのどちらかである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)

ということは安定という面で魅力的ということに加えバイタリティーにあふれた金融市場システムを作り上げるためには、どうしても銀行や証券会社などの民間金融機関及び行政(政府)が両方の立場から解決するべき課題に積極的に取り組まなければならない。

【解説】ペイオフ⇒起きてしまった金融機関の倒産に伴って、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護するべき預金者(自然人又は法人 並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)に対して、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度を指します。

Comments are closed.