ノルマがきつすぎる

Posted 10月 26th, 2014 by 川崎純情小町

この話は榊原経団連会長の「効率よく働いて定時に帰る人よりも、非効率な働き方で残業した人のほうの所得が高い」という発言と共通している。

だから、残業させなければ良いだけの話だってばさwそれで仕事が終わらないのなら、ノルマがきつすぎるか、能力が低いかどちらかなので、前者なら マネージャーの査定を下げるし、後者なら本人の査定を下げるってこと。
そして、ヤミ金嫌がらせ能力に見合う給料にすれば良い話。で、その分でマンパワーを増やせば良いん じゃないかな?
残業代をなくそうというのは、結局安いコストで労働者を酷使しようという経営側の思惑が透けて見え過ぎですよ。
日本が占領されていた時代に、占領軍の影響下にあって原案が作成された。自分たちの憲法だから、やっぱり自分たちでつくるべきだろう なるほど、それはそれで良いとして。 その結果自民党が提案した憲法草案を見る限り、少なくとも、自民党には「自分たちで作るべきだろう」と言う能力がないことは確定的に明らかw

Comments are closed.