安全だと信じたい派

Posted 11月 13th, 2014 by 川崎純情小町

最大の問題は、他に移住する場所も仕事も無く、已むを得ず被爆地の近くに住み続けている方々です。
そうした方は、自らに意志でそこに残り続けている訳ではない場合もあり、

結果、自ずと「安全だと信じたい派」にならざるを得ませんので、今回の『美味しんぼ』のような内容は許せないでしょう。 逆に、自らの意志で残り続けている方からすれば、こんな危険な状況を放置するな、と訴えるべく、「危険だと信じたい派」になる方もいるでしょうから、闇金相談 岐阜その場合『美味しんぼ』は良く描いてくれた、と感じるものと思います。
いずれにせよ、結論は何十年後かを待つのみです。 『はだしのゲン』といい『美味しんぼ』といい、こういう事を『焚書坑儒』と言うのではないでしょうか。
『実害』を『風評』と呼んではいけません。都合よい評価や解釈、情報統制をするからこそ『風評』になるのではないのでしょうか。 今回はお互いに客観事実を明らかにして大いに反論し議論して欲しいです。

Comments are closed.