防護機能

Posted 11月 24th, 2014 by 川崎純情小町

プラセンタは多くの成長因子を含んでいるため次から次へと元気な若い細胞を産生するように働きかけ、内側から身体全体の組織の隅々まで行き渡って細胞という小さな単位から身体全体を若々しくしてくれます。

肌に備わっている防護機能で潤いを保持しようと肌は頑張っているのですが、その大事な機能は加齢に影響され衰えてしまうので、スキンケアによる保湿で不足分を補給してあげることが大切になります。

最近のスキンケアには欠かせないアイテムである美容液は基礎化粧品の中の一種で、洗顔料で顔を洗った後に、水分を化粧水で浸透させた後の肌につけるのが代表的です。乳液タイプのものやジェルタイプのものなど色々なタイプがあるのです。

コラーゲンという化合物は身体を形成する繊維状のタンパク質で、グリシンなどのアミノ酸が集合体となって成り立っている物質のことです。人間の身体を作っている全てのタンパク質のおよそ30%超がそのコラーゲンで占められているのです。

若さのある健やかな肌にはセラミドが多く含有されており、肌も潤いにあふれしっとりした状態です。しかしながら、老化などによってセラミドの含量は減少していきます。

Comments are closed.