男系だ女系

Posted 11月 25th, 2014 by 川崎純情小町

(有給とはいえ)勤務時間中の組合活動に制限を加えています。
共産主義の中国における組合の権利対比、

日本の≪地方公務員法≫に謳われている権利は大きすぎるように思いますし、またジャパニーズサラリーマン 的にいえば、法的な権利は兎も角、実際に言われているような組合活動を大阪の地方公務員が行なっているのであれば、これは申し訳ないですが、社会主義・共 産主義の中国の労働者以下の就業意識だと言わざるを得ません。 勿論、法的な権利は保護されるべきでしょうが、実際にそれを行使するに際して、所謂「空気を読まない」人が大阪には多いということなのでしょうか。
それとも、 ナチュラル風メイク実は橋下市長によって暴露されたのみであり、日本の地公体の官僚は須らくそんなものなのでしょうか。 女性宮家創設については、このままでは男系だ女系だという議論の前に、そもそも「皇族」という存在それ自体がそう遠くない先に殆ど居なくなってしまいますので、当面の緊急避難措置として早急に対応すべきです。 一方で、本質論については私自身も未だ考えが纏まっていません。

Comments are closed.