どちらともいえない

Posted 12月 6th, 2014 by 川崎純情小町

なかでも「どうも妻が浮気しているみたいだ」という相談というのは、なんとなく恥ずかしさや高いプライドのせいで、「こんな恥ずかしい話はできない」そんなことを考えてしまって、悩みを聞いてもらうのを断念してしまうことでしょう。

とにかく探偵は、どこに頼んでもいいなんてことはございません。最終的に不倫調査の成否は、「探偵の選び方で答えは出ている」ってことを言ったとしてもいいんじゃないでしょうか。
結局のところ夫側の浮気を確認したとき、一番大事なのは浮気をされた妻の考えなんですよ。今回の件を許すか、別々の人生を送るために離婚を選ぶのか。熟慮して、後に悔やむことなどないような判断を忘れずに。
妻サイドによる不倫が原因と認められる離婚だとしても、結婚生活中に作り上げた金融資産や不動産などの半分は妻のものなのです。このため、別れの元凶を作った側が分割請求できる財産がないというのは誤解です。
妻の浮気調査で慰謝料というのは請求をさせてくれないこともあるんです。慰謝料を出すように主張できるケースなのかそうでないのかということに関しては、どちらともいえない状況が大半なので、すぐにでも弁護士に依頼していただくことが大切です。

Comments are closed.