スピーキング

Posted 5月 8th, 2014 by 川崎純情小町

よく暗誦していると英語というものが頭脳に装着されるので、たいへん早口の英語のやり取りに適応するには、そのことをある程度の回数聞くことで、可能になるだろう。

何かをしつつ同時に英語を聞き捨てる事も肝要なことですが、せめて1日20分程でも綿密に聞き取るようにして、スピーキングの訓練や英文法の為の勉強は、始めに徹底して聞くトレーニングをしてから行うものです。

いわゆるTOEIC等のテストは周期的に実施されるので、あまり何度も試験を受けることは難しかったのですが、最近人気のCASEC(キャセック)はオンラインを使って好きな時間に受験できる為、TOEIC受験の為の準備運動としても推薦します。

バーチャル英会話教室というものはアバターを使うので、洋服や身なりをきちんとしているのかを心配することも要らず、ネットならではの気安さで受講できるので英会話そのものに専念することができます。

英語の試験勉強などの暗記能力を高めるだけでは英語の会話は成立しない。IQなんかよりも英語のEQ(教育指数)を高めることこそが英語を自由に使えるようにするために最大級の必須事項であるとしている英会話方式があります。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>