分泌

Posted 5月 6th, 2017 by 川崎純情小町

「肝機能の悪化」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、そしてγ-GTPなど3種類の値で分かりますが、ここ数年肝機能が衰えている人が徐々に増加傾向にあると言われています。
食べ過ぎ、太り過ぎ、消費カロリーの低下、不規則な生活、心身両面のストレス、加齢など複数の原因が融合すると、インスリン分泌が衰えたり、働きが落ちたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病に罹患します。
眩暈がなく、不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何回も繰り返すケースの事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で診断することもあることは意外と知られていません。
子供の耳管の構造は、大人の耳管と比較して太くて短めの形状で、加えてほぼ水平になっているため、細菌が進入しやすくなっているのです。小さな子どもがよく急性中耳炎に罹るのは、この事が関わっています。
お薬やアルコール、合成された食品添加物等の物質を特殊な酵素で分解し、無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼び、多機能な肝臓が担っている代表的な務めのひとつなのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無効になった後に購入できて、新薬とまったく同じ成分で自己負担分が少なくて済む(薬の価格が高価ではない)後発医薬品のことを指します。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があるので大気中にあるオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは肌の表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を損壊するなど、肌にとって悪い影響を与えることになります。
既に歯の周囲を覆っている骨を浸食するまでに進んでしまった歯周病は、多分炎症自体が治まることはあっても、失ったエナメル質が元の量に復活するようなことはないと言われているのが現状です。
塩分と脂肪分の摂り過ぎは控えて自分に合った運動を行い、ストレスのかかり過ぎない暮らしを続けることが狭心症の元凶となる動脈硬化を事前に防ぐ方法だといえます。
ピリドキシンには、かの有名なアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギーの代謝のために必要となる重要な回路に入れるためにもう一度分解させるのを促進するという動きもあるのです。
体脂肪の量(somatic fat volume)は変化がないのに、体重が食物摂取や排尿などにより一時的に増減するケースでは、体重が増加すれば体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減れば体脂肪率が高まることがわかっています。
70才以上の高齢者や慢性的な持病を患っている人などは、ことさら肺炎を発症しやすくてすぐには治りにくい傾向があるため、常日頃から予防する意識や迅速な処置が大事です。
HIV、つまりエイズウイルスを持った血液、精液をはじめ、母乳や腟分泌液などのあらゆる体液が、乳飲み子などの粘膜部分や傷口等に接触した場合、感染するリスクが大きくなってきます。
男性だけにある前立腺という生殖器は生育や働きにアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが大きく関わり、前立腺に出現してしまったガンも同様、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの作用を受けて成長してしまいます。
緊張型頭痛というものは肩凝りや首筋の凝り、張りが原因の患者数が多い慢性頭痛で、「ギュッと締め付けられるような激しい痛さ」「頭が重たいような耐え難い痛さ」と言われます。

Comments are closed.