長期にわたって軍事を行えば

Posted 7月 19th, 2014 by 川崎純情小町

古代中国の兵法・軍事の思想家である孫子は、戦争に勝つための時間的な要因として作戦篇で以下のように述べている(漢字は現代的な文章として意味が通るように改めた)。

その戦いを行うや、久しければ則ち兵を疲れさせ鋭を挫く、城を攻むれば則ち力尽きる。久しく師(軍)を暴せば則ち国、用(財)足らず……故に兵には拙速を聞くも、いまだ巧久を見ざるなり。

それ兵久しくして国利ある闇金相談 兵庫者は、いまだこれ有らざるなり。 (戦いを行う時には、長引けば兵が疲れて鋭気が失われる、長期の城攻めをすれば軍の力は尽きる。

長期にわたって軍事を行えば、国家財政は枯渇す る……だから戦争では、多少拙いところがあっても速く決着をつけて終わらせる『拙速』はあっても、長引かせて上手くやるという『巧久』の作戦は見たことが ない。そもそも、戦争を長期化させて国の利益を得たという者は、今までいたことがないのだ。)

この孫子(孫武)が語る古代の戦争のシンプルな原則論は、ある程度まで現代のビジネスや恋愛(男女関係)にも応用することができる.

Comments are closed.