時間を先延ばししたからといって

Posted 7月 19th, 2014 by 川崎純情小町

城攻めするは『ストーカー化する恐れがある好きな異性への入念過ぎる遠巻きのアプローチ』であり、端的には『自分が断られるリスクと直面しないで済む篭城 戦』のようなものである。

女性と偶発的な接点を持つためにつきまとってしまうという自己防衛的な心理は理解できないものではないが、そのつきまといやこそこそとした行動は それを知られれば『相手から嫌われる・気持ち悪がられる』ことが確実なものである。

『相手から見えない場所で動く行為』が長期化すればするほどに相手と普 通に話せる機会を見失っていき、こそこそ隠れている自分に対して自信もなくなっていく。

そもそも、初めから知らない相手に対して、『今』ではなく『明日あさって・一週間後・一ヶ月後・数年後』にまで、話しかけるチャンスや話す内容、それに相応しい場面を延長させ続ける意味など何もないように思える。

いくら実際に話しかける時間を先延ばししたからといって『相手の自分に対する印象・評価』も何も変わらないし、知らない異性に対して『拙速(できるだけ早く話しかけて相手の答えを得る方法)』であることの不利益は何もないと言っても良い。

Comments are closed.