「事件」が発生

Posted 7月 21st, 2014 by 川崎純情小町

発言を新聞、テレビなどの報道を通して知った選手たちから、「チームの中では、怒った素振りは全く見せていないのに…」と、二面性を指摘された。この一件で、良好だったチームメートとの関係がぎくしゃくとなってしまう。

溝は深まる一方で以後、中田英は一切、チームメートと闇金相談 名古屋闇金相談 名古屋談笑することはなかった。豪州戦を迎え、さらにクロアチア戦の直前練習で、「事件」が発生。

「2度と同じ失敗をするわけにはいかない」という中田英が堅い決意を秘めていたところに、ジーコ監督から出た指示は「守備的にせよ!」。

これまで選手の自由を支持し「攻撃的に行け」とされていた方針が、急遽(きゅうきょ)、180度転換されたのだ。

98年フランスW杯のチームメートで、ジーコジャパンの視察に来ていた名波浩(磐田)らに、中田英は「こんな練習をしていたのでは、絶対に勝てない」とぼやいたという。ジーコ監督との信頼関係にも亀裂が入ったのだ。

Comments are closed.