ドクター

Posted 7月 28th, 2014 by 川崎純情小町

善鸞の他にも、浄土真宗でない方向にいった子どもがいた、ということになるのでしょうか?
だとすると、親鸞聖人の苦悩は、一般的に善鸞に関して言われるだけのこと以上に大きかったのかもしれませんね。

ただ、禅尼とはいっても、幅広く学んだだけで、案外念仏者だったのかなあという気もします。

そうですね、ちょっと説明が十分ではなかったかもしれませんよね。
あのドクターは、ちょっと強迫的なポジティブシンキングって感じで、正直私はついていけないというか、そもそも五木さんと会話のキャッチボールになってないんじゃないかと思いましたw

それは差し引くとして、ある面では、ポジティブシンキングも大切ですよね。
”他力”みたいな救いや智慧と、生活の知恵としてのポジティブシンキングと、両方持てたらいいかもしれませんよね^^

アメリカ、仏教がどんどん増えているそうですよね。
チベット仏教、禅、創価学会、東南アジア系の上座部仏教、などがどんどん広まっているそうです。
浄土真宗は、アメリカではまだあんまり知られていないそうですよね。
アメリカでも、きっとニーズがあるので、いま広まっているんでしょうね。

Comments are closed.